【事業再構築補助金】第12回の変更点は?わかりやすく解説! | 北浜グローバル経営株式会社
COLUMN

コラム

【事業再構築補助金】第12回の変更点は?わかりやすく解説!

2024年4月23日(火)に、第12回事業再構築補助金の公募が始まりました。
新型コロナウイルスの影響が収まりつつあることもあり、外部からの指摘で補助事業そのものの見直しが進み、実に半年ぶりの公募再開です。
第11回からの変更点も含め、申請にあたっての注意点を解説していきます。申請を検討中の方はぜひ参考にしてください。

第12回の主な変更点

①申請枠が6つから3つに簡素化
②事前着手制度の原則廃止
③資金提供を受ける場合の金融機関要件の追加
④口頭審査あり
⑤コロナ借換要件の追加
⑥事業計画書はマスキング処理したものも提出

一つずつ解説します。

①申請枠が6つから3つに簡素化

公募要領には

第12回公募では、既存の事業類型を見直し、今なおコロナの影響を受ける事業者への支援及びポストコロナに対応した事業再構築をこれから行う事業者への支援に重点化を行います。

事業再構築補助金(第12回)公募要領より

とあり、申請枠は大きく3つに集約されました。

【申請枠】
・成長分野進出枠
(A)通常類型(旧:成長枠)
(B)GX進出類型(旧:グリーン成長枠)

・コロナ回復加速化枠
(C)通常類型(旧:物価高騰・緊急対策枠)
(D)最低賃金類型(旧:最低賃金枠)

・(E)サプライチェーン強靭化枠(第10回から復活)

【上乗せ措置】
(F)卒業促進上乗せ措置(変更なし)
(G)中長期大規模賃金引上促進上乗せ措置(旧:大規模賃金引上げ促進枠)

各類型の補助上限額や補助率は当社サービスページをご覧ください。
≫事業再構築補助金申請支援の詳細を見る

②事前着手制度の原則廃止

第11回までは交付決定前に開始した事業も交付対象でしたが、第12回からは以下の場合を除き撤廃されます。
(1)対象:第10回、第11回公募の「物価高騰対策・回復再生応援枠」または「最低賃金枠」で不採択となった事業者
(2)条件(下記1、2いずれかに該当)
1:第12回公募で「コロナ回復加速化枠」の(C)通常類型もしくは(D)最低賃金類型に申請する
2:第10回公募で「サプライチェーン強靭化枠」で不採択となり、第12回で(E)「サプライチェーン強靭化枠」に申請する

※条件を満たし、交付決定前に事務局から事前着手届出が受理された場合は2023年12月2日以降に購入契約(発注)等を行ったものも補助対象経費にすることが可能
※事前着手届出の受理=採択ではないのでご注意ください

③資金提供を受ける場合の金融機関要件の追加

補助金申請~交付までの大まかな流れは
申請→採択→補助事業実施→実績報告→確定検査(交付額確定)→交付です。
補助金は後払いのため、補助事業を実施するために金融機関等から融資を受けたい、という場合の要件が第12回より追加されました。
事業計画書は元々金融機関や認定経営革新等支援機関の確認書が必要でしたが、第12回からは、金融機関等から資金調達を受ける場合は資金調達元の金融機関等からの「金融機関による確認書」が必須となりました

④口頭審査あり

すべての事業者ではなく、一定の審査基準を満たした場合に必要に応じて行われます(1事業者15分程度を予定)。
対象となった場合は事務局から受験日時の予約を案内されますが、電子申請が完了した事業者から順に行われるため、締切直前は予約日時が限られ、希望日時を選択できないことも考えられます。口頭審査の対象になったにもかかわらず受験しなかった場合は不採択となるのでご注意ください。

口頭審査については他にも細かい注意事項があります。必ず最新の公募要領をご確認ください。

⑤コロナ借換要件の追加

「コロナ回復加速化枠」の(C)通常類型、(D)最低賃金類型については、コロナ借換要件があります。
コロナ借換要件は以下の通りです。

(1)伴走支援型特別保証(コロナ借換保証)
(2)コロナ経営改善サポート保証
(3)新型コロナウイルス感染症特別貸付
(4)生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付
(5)新型コロナ対策資本性劣後ローン
(6)生活衛生新型コロナ対策資本性劣後ローン
(7)[新型コロナ関連]マル経融資
(8)[新型コロナ関連]生活衛生改善貸付
(9)[新型コロナ関連]沖縄雇用・経営基盤強化資金

事業再構築補助金(第12回)公募要領より

※応募申請時において、既往債務を借り換えていることが必要です。過去に上記の制度を利用した実績があっても、完済している場合は対象外となります

コロナ借換保証等で既往債務を借り換えていることを確認するため、申請時に借換先の金融機関等による「コロナ借換要件・加点確認書」の提出が求められます。

⑥事業計画書はマスキング処理したものも提出

審査の公平性を保つため、事業者名や代表者名など、申請者を特定できる情報をマスキング処理したものも別途提出する必要があります。
締切に余裕をもって申請準備を始めましょう。

公募スケジュール

2024年4月23日(火)~7月26日(金)18:00
採択発表:2024年10月下旬~11月下旬(予定)

※当社申請支援受付締切予定:2024年6月下旬

事業再構築補助金の申請支援は北浜グローバル経営にお任せください

北浜グローバル経営は、国の認定経営革新等支援機関として、事業再構築補助金をはじめとする各種補助金の申請支援が可能です。延べ5,000社を超える補助金申請支援実績から培ったノウハウを生かし、補助金の採択、ひいてはお客様のビジョン実現に向けた伴走支援を行います。

申請をご検討中の方は、ぜひ当社にご相談ください。

※事業再構築補助金+ものづくり補助金の申請支援延べ数、2024年3月時点

SHARE
BACK TO INDEX

RELATED

関連コラム

RECRUITMENT RECRUITMENT